ピアノを弾くことの面白さ

ピアノを弾いていて何が楽しいか?

・・・それは自分で楽譜が読めて、弾ける。これに尽きると思います。音符に「ドレミ」を書きこまなくても、音源を聴かなくても、楽譜を見ただけで弾けるようになる・・・

でも、毎週の課題をこなしていくだけではなかなかそうはなりません。(え?レッスンでできるようになるんじゃないの?)

そう思われた方もいらっしゃるでしょう。要はレッスン以外の日=家庭での練習の時間に秘密が隠されているのです。

 

それは

 

「ピアノであそぶ」ということです。

例えば、今週は新しい曲を出されたので譜読みをしなければならないとします。

「わからない」「めんどうだ」「調号がたくさんあるし」「ヘ音記号だ」「1小節に音符がいっぱいある」

などなど・・・頭と心の中は「いやだ」でいっぱいになるでしょう。

 

そんなふうに思って弾いても、ちっとも楽しくありません。ステキな曲もそうでなくなってしまいます。ですから、そんな日は思い切って、譜読みをするのはやめましょう。

自分が今まで習った曲や知っている歌を弾いてみましょう。自由に。習った曲なら、忘れていても、弾いているうちに思いだすでしょう。知っている歌なら、弾けないフレーズは歌ってしまえばいいのです。「ピアノとなかよし」「音符となかよし」になってとにかく「楽譜を読むこと」になれてください。

習った曲や知っている曲なら、数小節先の音符をよむことができます。それが読譜力につながるのです。できるだけ易しい曲で弾いてみてください。(忘れてまた譜読みを1からやり直しでは意味がなくなってしまいます)

そして、片手ずつ弾いてから両手を弾くのではなく、ぜひ積み重ねた音の響きを聴いて弾いていただきたいと思います。横のラインだけでなく縦の響きと横の流れを目で追えるような譜読みのしかたを身につけていただきたいものです。

 

それがピアノをひくことの面白さの原点であると考えます。

 

 

 



 

 

ミュージックハウス すきっぷ  お問い合せ TEL: 029-856-3055

 
Copyright© 2012-2018 ミュージックハウス すきっぷ All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com