読めて嬉しい 弾けて楽しい

2016-11-17

両手へのアプローチができるようになったら、読譜の練習に入ります。

教本とは別に一人でどんどん読めて弾けるレベルの楽曲を渡しています。お母様たちの中には「え?!ずいぶん簡単」とビックリされることもあるかと思いますが目的はお子様が1人で読めて弾けた!という小さな達成感の積み重ねを体感していただくことです。ですから譜読みに慣れるための練習、じっくりテクニックを身に着け、曲想などを考えて丁寧に曲と向き合っていく練習を並行して行っています。譜読みになれるための練習はテキストを3~4冊ほどお渡ししています。譜読み慣れの練習は多少の音符の読み間違いは目をつぶっています。まずは音符をできるだけ素早く正確に読むこと、長い曲もまずは最後まで弾きとおすことに重点をおいています。

 


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2012-2018 ミュージックハウス すきっぷ All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com