しょうこせんせい

2013-04-22

先週の火曜日、ますこしょうこ先生の講座に行ってきました。ますこしょうこ先生といえばブログが大人気の(もちろんレッスンもステキな)先生です。

パワーをいただいて帰ってきました。しょうこ先生はブログを毎日更新されているそうで(何事も継続は力なり・・・ピアノの練習に通ずるものがありますね)、私もブログを更新する日をマメにしようと思いました。

しょうこ先生のお話の中で「へぇ~」と思ったのが「人生時計」。

人間の一生を0歳から80歳までと考え、その半分が40歳、さらに0歳から40歳までの半分が20歳。40歳から80歳までの半分が60歳。そのうちピアノの先生として子どもたちに関わっているのが3歳から15,6歳くらいまでと考えるそうです。それを1日の時間に換算すると、0歳が0時、80歳が24時として、その半分の40歳が12時、20歳が6時、60歳が18時となります。つまり、子どもたちがピアノのレッスンに通っている年齢は、1日の時間に換算すると、眠っている間なのだそうです。そう・・・人間が成長していく上で最も大切な根っこの部分に栄養を蓄えている時期・・・ということになります。私は人生の一部だけれど、最も大切な時期に一緒にいられて幸せな職業だな・・・と実感しました。そして、そのような大切な時間を与えてくださった、保護者の皆様に感謝でいっぱいです。

この場を借りてお礼を申し上げます。

 

そして、このようなことを教えてくださったますこしょうこ先生にもお礼を申し上げたいです。


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2012-2018 ミュージックハウス すきっぷ All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com